設備紹介

院内設備

最新CT撮影

 

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断面写真を得ることができる装置です。

今までののレントゲン撮影は平面なものであるため、基本的な診断はできますが、骨の厚みや硬さを正確に測ることはできません。

CT撮影では今までの平面画像が3Dになり、骨の厚みや幅、硬さ、位置、歯の根の状態、歯周病の進行具合なども精密に分析することが出来、正確な診断を細かくすることが出来ます。

従来、大規模病院などにしか設置されていなかった歯科用CTですが、一般開業医でも導入したことで、かかりつけ歯科医院で全て診査・診断・治療できるということが最大のメリットと言えます。

リンク:MORITA Veraviewespoc 3Df

 

デジタルX線システム

X線

歯科治療にレントゲン撮影は欠かせないものです。当院に導入されているレントゲン撮影装置は、最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないエックス線線量(被爆量)で、高品質画像を得ることができます。

より高画質で鮮明な画像が得られるので、正確な診断ができます。画像がモニターに表示され、拡大したりコントラストを変えたりすることができるので、患者さんにわかりやすい説明ができます。従来のレントゲン撮影装置に比べ、被爆量を1/4~1/10に軽減できます。現像が必要なく、瞬時に画像が表示されますので、患者さんをお待たせしなくてすみます。

半導体レーザー

ソフトレーザー

半導体レーザーは、痛みの少ない最先端レーザー治療です。

≪レーザー治療のメリット≫

●無麻酔科での処置域の拡大

●術後疼痛や出血の減少

●治癒の促進

●手術時間の短縮

●縫合の低減

 

口腔外バキューム

口腔外バキューム

歯を削ったり、銀歯や入れ歯を調整したりすると、歯の削りかす、金属片、細菌など、目に見えない細かい粉塵がたくさん飛び散ります。また、臭いなども出ることがあります。

当院では、こうした粉塵や臭いが広がらないように、すべての診療台に口腔外バキュームを設置しています。診療室をクリーンで快適な環境に保ち、患者さんや私達の健康を守ります。

位相差顕微鏡

顕微鏡

無色透明の微生物や細胞などを顕微鏡で観察する場合、
一般的には試料を固定・染色処理を施して、検体に色や明暗の差を付け、より観察しやすい状態にしてから検鏡します。

この方法は検体を明瞭に観察することができる利点を有しますが、同時に検体が死滅してしまうという欠点もあります。

位相差顕微鏡は、
検体と背景の光の屈折率の差を利用することにより(光の回折や干渉現象を利用)
像の明暗のコントラストを高め、無色透明の標本でも生きたまま観察できるようにした顕微鏡です。

実際に生きている歯周病菌を観察する事でご自身の口腔内環境を知る事ができます。

痛みの少ない麻酔

シリジェット

シリジェット

針の無い麻酔用注射器です。
針が無いので安心です。
針を刺す痛みから解放されます。
針がないからこわくありません。
特に小児歯科治療 歯周病治療の大変な効果を上げています。

バイブラジェクト

バイブラジェクト

ゲートコントロール理論による”痛み”の軽減、”振動”が麻酔注射の痛みを軽減します。

笑気ガス

笑気ガス

鼻から、笑気ガスと、酸素の混合気体を吸い込むことで、治療の恐怖心が軽くなります。

加温器・電動注射器

麻酔

麻酔液を体温近くまで温めるとともに、電子制御により麻酔をするため、痛みを和らげることができます。

モニタリング機器

モニタリング機器

インプラント埋入時、抜歯時などに体の状態を把握するために、血圧、脈拍、酸素飽和濃度、心電図などを計ります

口腔内カメラ

口腔内カメラ

患者様に口腔内の状況を簡単にお見せできる口腔内カメラシステム(RF system lab.)です。
鏡では見ることが難しい奥歯の状態、歯の裏側の状態などをお見せすることが可能です。

AED

AED

AED(自動体外式除細動器)
患者さんの安心安全のために、緊急時に備えて常備しております。

ガス滅菌

ガス滅菌

オートクレーブでは滅菌不可能な、プラスチックや布製品、脱脂綿などをエチレンオキサイドガスによって滅菌します。

オートクレーブ

オートクレーブ1

オートクレーブ3

切削器具専門で、短時間で滅菌を可能にします。

オートクレーブ2

オートクレーブ1

オートクレーブを三台使用し、院内感染予防に努めております。

オートクレーブ3

オートクレーブ2

清潔第一に考え、あらゆる器具を滅菌しております。