インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯を失った場所に人工歯根を埋め込み、抜けてしまった歯の代わりに差し歯の要領で歯を作る技術です。
従来は失った歯を補う方法は周囲の歯が負担を負うブリッジや入れ歯などしかありませんでした。しかしブリッジ失った歯の両側を削るため、削った歯の寿命が短くなってしまうことがあります。
入れ歯にしても、自分のお口になかなか合わなかったり、他の歯にかけた金属が見えるのが気になったりお手入れに手間がかかったりします。インプラントは失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけることがありません。また、噛む力をしっかりとあごの骨に伝えてくれるので、歯を失った部分の骨がやせないという特徴もあります。

インプラントとブリッジ・部分入れ歯・総入れ歯との違い

インプラント

インプラント

対応方法

歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。

対応本数

1本から、全ての歯を失った場合

周囲の歯やあごへの影響

  • 歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない。
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない。

 ブリッジ

ブリッジ

対応方法

失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。

対応本数

数本失った場合

周囲の歯やあごへの影響

  • 周囲の健康な歯を削る必要がある。
  • 大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる

部分入れ歯

部分入れ歯

対応方法

失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、
取り外しの人工の歯を留める方法。

対応本数

数本失った場合

周囲の歯やあごへの影響

  • 周囲の歯に留め金をかける為、大きな負担が歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。

 総入れ歯

総入れ歯

対応方法

取り外しの人工の歯を顎の上に載せる方法。

対応本数

全部の歯を失った場合

周囲の歯やあごへの影響

  • 顎の骨がやせる。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリットとデメリット

メリット

  • 取り外しの必要がなく清掃などの手間がかからない
  • 金属が見えたり、外れたりする心配がないため、見た目が気にならない
  • 周囲の歯に負担を掛けずに治療ができる
  • 天然歯と同じ噛み心地で、硬い食べ物でもしっかり噛むことができる
  • しっかりと咀嚼できるので、あごの骨がやせない

デメリット

  • 治療期間が長い
  • 治療費が高額
  • 外科手術が必要

 

インプラントの診断

インプラントの診断

インプラント診断は患者さんの安全と安心を第一に考え、模型診断、パノラマX線撮影、CT撮影をします。埋入位置はインプラント埋入ソフトにより、より正確な診断を行っています。

 

リプレイスセレクトテーパードインプラント

当院ではノーベル・バイオケア社のリプレイスセレクトテーパードインプラントを使用しております。
ノーベル・バイオケア社はインプラントシステムのパイオニア的メーカーです。
シンプルな外科手術が特徴で、高度な審美性が要求される部位での治療に最適です。

製品紹介

インターナル・トライ-チャネル・コネクション

インターナル・トライ-チャネル・コネクションは世界で広く使われているインプラントコネクションであるため、多くのドクターと共通認識ができるプラットフォームです。

インターナル・トライ-チャネル・コネクション

 

『ノーベル・バイオケア社』のページはこちら