一般歯科

「安心」「信頼」「心地よい空間での治療」がモットーです。

「安心」「信頼」「心地よい空間での治療」がモットーです。

歯が痛い、噛み合わせが悪い・・・
口内の健康が保たれていないと食べ物も、美味しく感じられません。
当院は「安心」と「信頼」はもちろん、心地よい空間での治療がモットーです。
アドバイスはもちろん詳しくご説明もさせていただきます。
患者さん一人一人のライフスタイルに合わせた方法を詳しい説明を通しながら、ご納得いただいた上で治療を行ってまいります。
そしてなるべく痛くないように、なるべく削らないように、必要最小限の治療を心がけています。

予防歯科

従来の考え方にあったように「痛くなったから歯医者に行き、治療をする」のではなく、「痛くならないために歯医者に行き、歯の様子を見てもらう」ことを予防歯科といいます。
定期的に歯医者に来院し、検診をすることによって、ずっと元気な歯と歯茎を保つ事ができるのです。
もし万が一虫歯が見つかっても、痛みを伴う治療をすることなく、処置できることが大半です。
定期検診の頻度は年齢・ライフスタイルなどによって変わってきますので、まずはお気軽にご相談ください。

虫歯

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。
原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのです。

補修の仕方は、虫歯の大きさや場所によって異なります。
虫歯がまだそれ程大きくない場合には、まず虫歯になってしまった所を削り取ります。そして削った部分に詰め物をします。

虫歯が大きい場合には、沢山削らなければなりません。その場合には、削った歯に被せ物をします。
虫歯がさらに進行し、神経まで進んでしまった場合には神経をとらなければなりません。この場合、神経の治療後に、歯に被せ物をします。このように、虫歯の状況により治療が長期化する事があります。虫歯の進行を防ぐためにも、予防歯科が非常に重要となります。

小児歯科

小児歯科
お子様のむし歯治療だけでなく、むし歯予防(歯磨き指導、フッ素塗布、シーラント)を重視しています。
また、かみ合わせ、歯並び、摂食、嚥下など様々な予防、指導を行なっています。

「怖くなく痛くなく」お子様が歯医者嫌いにならないように、そして自分の歯を大切にしたいと思えるように、 院長と明るくて子供が大好きな歯科衛生士がお待ちしております。

どうして歯医者に行くのか、お子さんにきちんと説明をすることが大事

子供

歯医者に行く事が決まったら、そのことをお子さんに知らせて心の準備をさせてあげて下さい。

むし歯になっている時はむし歯の恐ろしさと治療の必要性、ママではむし歯を治してあげられないことなど、できるだけわかりやすい言葉できちんと説明してあげてください。

しっかりと説明してあげれば、お子さんなりに理解してくれるものです。
こうした準備が、当日の治療をスムーズにする助けになります。
 

 お子さんが嫌がっても毅然とした態度で連れて行くことが大事

子供

どんなに説明しても、やはり当日になると歯科医院へ行くのを嫌がるお子さんは多いものです。

かわいそうだからといって、治療を先延ばしにしないで、必要なものは必要であるということを示すため、毅然とした態度で連れて行きましょう。

また、ママの心配や緊張は、すぐにお子さんに伝染します。
歯科医院に着いたら、ママはあくまでもリラックスして、歯の治療なんて全然平気だよという雰囲気でゆったりかまえていることがお子さんの緊張を和らげるのにも役立ちます。

歯周病について

歯周病とは?

皆様は、歯周病についてどのくらいご存知でしょうか?
テレビのCMなどもよく耳にするので、歯の病気の中では虫歯についでよく聞かれる歯の病気となっている昨今ですが、どのような病気なのか?についてはあまり情報が出ていないように感じます。

歯周病=歯槽膿漏(しそうのうろう)

歯周病は、少し前までは歯槽膿漏と呼ばれていました。
主な症状としては歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気で、日本人が40代を過ぎて歯を失う原因の最大の原因となっています。
しかも、虫歯の様な自覚症状がほとんどなく、日本人の約8割が歯周病と言われています。

歯周病の原因は?

最大の原因は、プラーク(歯垢)が口の中で繁殖することで引き起こされます。
プラークの正体は細菌の塊で、この細菌の塊が出す毒素が、歯周病の発生と進行に大きく関わってきます。
しかもプラークは、歯の至るところに発生する為、歯磨きなど通常のブラッシングでは完全に取り除きにくいため、知らず知らずのうちに歯周病が進行しているケースがほとんどです。

歯周病を放っておくと・・・

 歯周病の初期症状は歯を磨くと歯ぐきから出血する・歯ぐきがムズムズすると言った症状です。
そこから更に進行すると、歯がグラグラしたりは並びが悪くなったりと言った症状が現れます。
更に、歯周病が発生すると、糖尿病や心臓血管疾患、肺炎や骨粗しょう症と言った病気の発症率も高くなることがわかっています。
つまり、歯周病は歯の健康だけの問題ではなく、身体全身の健康とも直結している病気なのです。

歯周病かな?と思ったら・・・

歯周病治療は早期に発見して治療し、きちんとメンテナンスをすれば怖くありませんが、進行が進んだ段階では治療も困難となり、歯の再生は極めて難しくなってしまいます。
「歯周病かな?」と思ったら、なるべく早く来院する事をお勧めします。

 

流れ

歯周病の治療は症状に応じて処置の内容が大きく変わってきます。
まずは初診にてこれまでの経緯等を詳しくお伺いし、必要があれば緊急処置を行います。

その後、口腔内写真、X線撮影、位相差顕微鏡による細菌検査、歯周ポケット検査をipad入力で行い、スタディモデル等の資料を採り、資料を元に現在の状態や今後の方針等にいてご説明いたします。

治療が必要な場合は、まずプラークコントロール指導やスケーリング(歯石取り)などの初期治療を行い、十分な改善が見られなかった部位にはルートプレーニング(根っこの歯石取り)や歯周外科処置を行うなど、各治療の再評価を繰り返しながら、必要な部位に必要な治療を行っていきます。

また、治療終了後には良い状態を長期にわたって維持して頂くために、定期的なメンテナンスをお勧めしています。

義歯

健康な暮らしに必要な入れ歯

歯が抜けたままで放っておくと、食べ物をよく噛むことができません。また、口元に張りがなくなったり、空気がもれてうまくしゃべることができなくなったりします。

歯は全部そろっていてこそ、役割を十分に果たすものです。それが1本でも欠けたままにしていると、残りの歯に負担がかかり、健康な歯まで早く駄目になってしまいます。また、歯が傾いたり、噛み合わせが狂ってきます。さらに、口が開きにくくなったり、アゴの関節が痛くなったりすることもあります。入れ歯によって心豊かによって健康な毎日をお送り下さい。